エアコンの吸気口、コンピューターの吸気口を塞いではならない

世の中にある知識を基にした私の推論であることを、予めご了承ください。

今回は吸気口についてのお話です。

クーラーには、室内の空気を吸い込む吸込口があります。
この吸気口からエアコン内部へほこりが入らないようにするためのフィルターが売っています。


図の様に、フィルターをつけたとします。

すると、吸気能力や排気能力が低下するので、冷房や暖房が効かなくなります。
ですので、この様なフィルターを使ってはなりません。

たぶん、室外機も同様に吸気や排気を邪魔しないように気をつけなければ、熱交換がうまく行かないと思います。


ノートパソコンには、図の様な穴が開いているのですが、これはパソコン内部の電子機器が通電により熱くなるので、外気で熱を冷ますために空けています。
これを塞ぐと、パソコンが熱くなることでコンピューターが不安定になり、熱暴走をし、最悪の場合発火するかも知れません。


デスクトップパソコンでも同じですし、TVやビデオレコーダーでも同じです。

機械に空いている吸気口や排気口は偶然空いた穴ではありませんし、カッコいいから空けているという訳ではありません。
開発者が意図的に吸気と排気を目的として空けた穴ですので、勝手に塞いではなりません。(^^;

そういえば、扇風機の電源ボタンや強弱ボタンを押すと手に電流が流れるような機械が売ってましたね。
不思議な扇風機した。(^^;

投稿者: 管理人

気象学、知識人のお話、海外の歴史、コンピューター、プログラミング、映画、ゲーム、パチンコ、パチスロ、料理などを好んでいます。 最近は忙しいので、映画、パチンコ、パチスロをやめています。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です