温暖化の経緯

私はプログラマーなので、プログラマー的な視点から調べ考えて見ようと思います。


まず、14世紀半ば(1301年~1400年)から、19世紀半ば(1801年~1900年)まで、北半球で小氷河期だったと歴史に記されています。
南半球でも一部、同様の痕跡が見られると伝えられています。
19世紀半ば以降、世界の気温が徐々に上昇し、小氷河期以前よりも気温が上昇しています。

小氷河期データ
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B0%B7%E6%9C%9F
気温変化データ
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8F%E6%B0%B7%E6%9C%9F#/media/File:1000_Year_Temperature_Comparison.png

暖冬
  https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9A%96%E5%86%AC
上記情報に書かれている内容によると、1987年以降暖冬が続いています。

気象庁のデータから調べたのですが、1987年以前は福岡市でも12月に10日前後の降雪がありました。

昔のことはあまり覚えていないのですが、私が子供の頃、福岡の田舎では当時の身長程の雪だるまを作れるぐらい雪が降り、学校では雪合戦をしていましたね。
年のころは、8歳ぐらいでしょうか?
雪の日は長靴で登校していました。
冬は寒かったので、学校ではストーブを焚いていましたね。

今は町に住んでいるので、雪を見る機会が殆どありません。
近年の様に暑くなるまでの間、親の手伝いで農業をしていたのですが、8月ごろ異様に汗をかくようになり大変な思いをしてました。

2010年頃になると、海水温が高く温暖な地域に生息する魚や深海魚が近海で見つかったとの報道がありました。

それから2015年になると、夏は暑く冬も暖かくなり、2016年の夏ごろから気象関係の話を聞き、気象学を調べながら今日に至ります。

これから私が語る温暖化についての話は、学者さんや武田邦彦先生のお話やインターネットの各情報を元にした、私なりの考えです。

投稿者: 管理人

気象学、知識人のお話、海外の歴史、コンピューター、プログラミング、映画、ゲーム、パチンコ、パチスロ、料理などを好んでいます。 最近は忙しいので、映画、パチンコ、パチスロをやめています。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です