2019年3月26日、エルニーニョ現象による風と気温の強弱を分析を更新

エルニーニョ現象による風と気温の強弱を分析」を更新しました。
これで、私のコレクションがより完成へ近づきました。(^^*)

今年はエルニーニョ現象かと思っていまして、今年の動向を伺っていると寒気が入り易かったので、何故かと考えていた所、インド洋の海水温が高いのではないかと思い、調べると高かったので説明を加えました。


出典:気象庁ホームページより (太平洋 旬平均海面水温

ちなみに、12月過ぎごろからエルニーニョ現象が一時的に衰えたのですが、2月、3月頃から再度エルニーニョ現象の様な傾向が現れていました。
ですので、今年はエルニーニョ現象かも知れない・・・と思っています。

インド洋東の海水温が高いので、この付近で活発な対流活動が起こっています。

勿論、間違っているかもしれませんが・・・。(^^;

 

最近、大きな災害が頻繁に起こっています。
日本付近の海水温が高いので、気をつけた方がいいと思いますね。

投稿者: 管理人

気象学、知識人のお話、海外の歴史、コンピューター、プログラミング、映画、ゲーム、パチンコ、パチスロ、料理などを好んでいます。 最近は忙しいので、映画、パチンコ、パチスロをやめています。(^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です